※この記事にはプロモーションが含まれています。

【ギャンブラー×ギャンブル!】手軽に面白い駆け引き勝負!どういったボードゲームか口コミ・レビューで評価をチェック!

ギャンブラーギャンブル ブラフ・正体隠匿
てく
てく

気軽に駆け引きや読み合いができるボードゲームってないかな?

てう
てう

「ギャンブラー×ギャンブル!」というボードゲームが、状況に合わせて出した数字の読み合いをするボードゲームでスタートプレイヤーは最後、他プレイヤーと会話して数字を少し操作できたりする、気軽に駆け引きを楽しめる面白いゲームですよ。

 
さっそく、口コミ・レビューなど確認していきましょう。

ギャンブラー×ギャンブル!のおすすめポイント
  • 短時間でできるシンプルな読み合い
  • ±1が勝敗を大きく分ける緊張感
  • 地道に稼ぐも良し、一発逆転を狙うも良し
スポンサーリンク

ギャンブラー×ギャンブル!とはどんなボードゲーム?

『ギャンブラー×ギャンブル!』について基本的な情報や概要を紹介していきます。

プレイ人数・プレイ時間

ギャンブラーギャンブル
ボードゲーム名ギャンブラー×ギャンブル!
プレイ人数3~4人
プレイ時間15~30分
遊んだ回数1回
※1 遊んだ回数については、1日に3回遊んだ場合でも1回のカウントとしています。

ギャンブラー×ギャンブル!の概要

ギャンブラーギャンブル

あなたはカジノを潰すために集められたギャンブラー。
でも、他にも同じ目的で雇われたライバル(=他プレイヤー)がいます。
あなたはなんとしても彼らを出し抜かねばなりません。
なぜなら、今回の仕事ではカジノに最も大きな損害を与えた者だけが報酬にありつけるからです。
大丈夫、ちっぽけなカジノなんて、ほんの15億ドルほど荒稼ぎすればすぐに潰れる–って、それはなかなか大変だ!
というわけで、あなたは協力してくれる他のギャンブラーと契約を結び、カジノに乗り込みます。
ギャンブラーを使ってギャンブルをする前代未聞の賭けのはじまりです!

ルール、遊び方をちょこっと紹介

ギャンブラーギャンブル

勝利条件は15金手に入れるか、No4かNo8のギャンブラーカードの効果で勝利することができます。

各プレイヤー人の絵が描かれたギャンブラーカードを(No1~3から)2枚選び初期のカードとする。

数字だけが描かれたカードを運命カードと呼び、最初は0と1のカードを所持している。

毎ラウンド、スタートプレイヤーは運命カードを1枚表向きで出し、

他のプレイヤーは運命カードを裏向きで1枚だす。

スタートプレイヤーは最後に1金を支払うことで運命の数字を「+1」か「ー1」することができる。
(しなくてもよい)

運命カードを全て表にし、合計値を確認。
各自持っているギャンブラーカードのNoと運命カードの合計値が同じ数字の場合、
当たりとなり報酬を得れる。

誰も当りがいない場合、お金を一番持っているプレイヤーが所持金の半分を「ファンブルストック」へ移し、
人数分の金額が貯まれば均等に割り振る。

スタートプレイヤーは新たなギャンブラーカードを雇ったり、すでに雇っているギャンブラーカードを豪運モードに変えることができる。(豪運モードは効果が強くなります)

てう
てう

No4のカードは一発逆転要素として準備されています。

スポンサーリンク

ギャンブラー×ギャンブル!の口コミ・レビュー

ギャンブラー×ギャンブル!の評価まとめ

良い点と悪い点のまとめ

  • 軽ゲーの良作
  • 丁度良いブラフゲー
  • 手軽に心理戦が楽しめる
  • ほどよくギャンブル要素があり楽しめる
  • 豪運モードの絵がイケイケで好き

  • 3人プレイだとNo9は不可能に近い
  • 少々大味なルールな感じがする
  • No4を雇うためのコストを払うのなら15金稼いだ方がいいのではと思う

ギャンブラー×ギャンブル!の追加情報・補足情報

ボドゲ楽しむ、勝ち方/攻略/コツについてちょこっと紹介

てう
てう

スタートプレイヤーが最後に「+1」か「ー1」するときに、みんなと会話をして出した数字の探り合いを楽しみましょう。

拡張はあるのか?

てう
てう

拡張は確認できていません。

オンラインプレイはできるのか?

てう
てう

確認できていません。

このボードゲームが気になる人へおすすめ

【ギャンブラー×ギャンブル!】口コミ・レビュー評価のまとめ

ギャンブラー×ギャンブル!のおすすめポイント
  • 短時間でできるシンプルな読み合い
  • ±1が勝敗を大きく分ける緊張感
  • 地道に稼ぐも良し、一発逆転を狙うも良し
てう
てう

まず最初のNo1~No3から2枚選ぶところで、1と2を選ぶ人、2と3を選ぶ人、間を取って1と3にする人そこで個性がでてくるのが良いですね。

 

そこから、運命カードの数字の高い低いの攻防戦、スタートプレイヤーは1金支払っての±1での調整。調整するためのトークでの情報戦!

 

ギャンブラーカードは重ねる事もできるので、No2ばかり集める人とか最初はとても強いです。

 

ただし後半は、運命カードに3とかも出せるようになるので、No1~2が機能しなくなるんですよね。そこもまた戦略要素の1つで悩ましい。

 

サクっと駆け引き、ギャンブルを楽しむのにもってこいのボードゲームです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました